« 大いなる看取り 山谷のホスピスで生きる人びと 中村智志 | トップページ | 美女と竹林 森見登美彦 »

2008年8月27日 (水)

山谷でホスピスはじめました。山本雅基

 先に読んだ、東京のドヤ街山谷で、在宅型ホスピス「きぼうのいえ」を始めた山本氏の格闘の記。

 著者もはじめとした人間の弱さ、強さ、愛しさが全編に満ち溢れている本です。編集者の力もあるのでしょう、文章もこなれていて、一気に読めます。情景が浮かんでくるようです。

 実際のきぼうのいえの前は通ったことがあるのですが、山谷のドヤの住人限定で考えて展開した事業ではなく、対象者はもっと広くに開かれている施設であることがわかりました。

 これから、生保対象ぎりぎりアウト-従って生保受給者よりも逆に生活は困窮しがち-な単身高齢者が増える首都圏では、このような場所が、たとえ山の手地区であっても必要となってくると思います。必要としている人がむしろあらわにならない地域のほうが、問題が深刻かもしれません、行政もついていかないし。

 自分の身の丈にあったことで、何かできないか思案する今日この頃です。

山本雅基 山谷でホスピス始めました。 実業之日本社 2006年

« 大いなる看取り 山谷のホスピスで生きる人びと 中村智志 | トップページ | 美女と竹林 森見登美彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106042/23281057

この記事へのトラックバック一覧です: 山谷でホスピスはじめました。山本雅基:

« 大いなる看取り 山谷のホスピスで生きる人びと 中村智志 | トップページ | 美女と竹林 森見登美彦 »